ネット証券

おすすめのネット証券会社ランキングTOP7!取り扱いのある株式や手数料を徹底比較

ネット証券は「オンライン証券」などとも呼ばれ、主にインターネットで取引サービスを提供している証券会社のことです。実店舗や窓口を持たず、口座開設や売買注文などのほぼすべてをインターネット上で行うことが特徴です。

担当者を介さず取引するため、店舗証券に比べて取引手数料が安いことから、近年ではネット証券が主流になりつつあります。

しかし、たくさんあるネット証券の中から、どの会社を選べばいいのか迷う人もいることでしょう。この記事では、おすすめのネット証券会社ランキングトップ7社を徹底比較していきます。ネット証券会社を選ぶ際の参考にしてください。

おすすめのネット証券会社ランキング

Contents

おすすめのネット証券7選!取り扱う株式や取引手数料を比較

 

ここからは、おすすめのネット証券7社をランキング形式でご紹介します。

1位:SBI証券

2位:楽天証券

3位:松井証券

4位:マネックス証券

5位:LINE証券

6位:DMM.com証券(DMM株)

7位:岡三オンライン証券

それぞれのおすすめポイントや、取引手数料・取り扱い商品・取引ツール・キャンペーンなどを比較していきます。

1位:SBI証券 | 口座数・シェア数ともに業界トップのネット証券

SBI証券は口座開設数No.1のネット証券会社です。

SBI証券は、業界トップの口座数とシェア数を誇るネット証券です。手数料が格安でワンクリックで売買を約定できるなど、便利な取引ツールも多数備えているため、初心者も使やすいでしょう。

引用元:WAVY COLUMN

売買手数料や取り扱い商品など総合力の高さで人気があり、ネット証券では最大手と言われています。

おすすめポイント

  1. 取引手数料が格安
  2. 取り扱い商品や外国株式が豊富
  3. 提供しているツールが高機能で使いやすい
  4. 「ロボットアドバイザー」や「Tポイント投資」などの投資サービスが充実している

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 99円 275円 535円 1,013円
1日の約定合計額 0円 0円 0円 1,718円

取り扱い商品

制度 iDeCo(個人型確定拠出年金)NISA/つみたてNISA/ジュニアNISA
国内株式 現物取引信用取引PTS取引(SBI PTS)SBBOーX(SBI Best Bid Offer)IPO(新規上場)/PO(公募・売出)立会外分売貸株単元未満株(S株)テーマ投資国内ETF(国内上場投資信託)ETN(指標連動証券)REIT(不動産投資信託)ライツ・オファリングインフラファンド
外国株式 米国株式中国株式韓国株式ロシア株式ベトナム株式インドネシア株式シンガポール株式タイ株式マレーシア株式海外ETFロボアドバイザー
投資信託 投資信託外貨建MMF
債券 円貨建債券外貨建債券
FX FX(外国為替保証金取引)
先物・オプション 先物・オプション
CFD(くりっく株365) CFD(くりっく株365)
金・銀・プラチナ 金・銀・プラチナ
eワラント eワラント
保険 保険

取引ツール・アプリ

パソコン HYPER SBISBI CFDトレーダー
スマートフォン 「SBI証券 株」アプリ(国内株)かんたん積立 アプリ(投信積立)HYPER FXアプリ(FX)HYPER 先物・オプションアプリ(先物OP)取引所CFD アプリ -くりっく株365(CFD)
サイト 国内株式向けスマートフォンサイト投資信託向けスマートフォンサイトiDeCo向けスマートフォンサイト

キャンペーン

・2021年新春iDeCoデビュー応援3大キャンペーン

  1. twitterのフォロー&リツイートで豪華WEBカタログギフトまたは200円分のAmazonギフト券が当たる
  2. 書類返送またはWEBの申し込み完了でもれなく100円分のAmazonギフト券プレゼント

(書類:2021年1月6~2021年3月5日、WEB:2021年1月4~2021年3月18日)

  1. iDeCoの申し込み&初回掛金の拠出開始で最大10万円分のAmazonギフト券が当たる

(2021年1月4日~2021年3月18日)

・期間中に公式WEBサイトより公募増資・売出(PO)ブックビルディングに申し込み&購入意思確認でIPOチャレンジポイントをプレゼント(2020年8月18日~2021年3月31日)

SBI証券公式サイトはこちら

今すぐSBI証券で口座開設する

2位:楽天証券 | 楽天ユーザーに特化したサービスで人気

楽天証券は、手数料、取り扱い商品、ツールなどバランスの良いネット証券として人気があります。楽天カードや楽天銀行など、楽天グループのサービスとの併用でお得に利用できるので、楽天ユーザーには特におすすめしたい証券会社です。

おすすめポイント

  1. 取引で楽天ポイントを使ったり貯めたりできる
  2. 楽天市場でもらえるポイントが+1倍になるなど、楽天ユーザー向けのサービスがある
  3. 楽天証券の取引ツールは、さまざまな投資スタイルに対応する充実したラインナップ
  4. 楽天会員なら簡単で安全かつスピーディに口座開設ができる

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 99円 275円 535円 1,013円
1日の約定合計額 0円 0円 0円 3,300円

取り扱い商品

国内株式 現物取引信用取引REIT(リート)国内ETF・ETN新規公開株式(IPO)、公募・売出株式(PO)立会外分売貸株サービス
外国株式・海外ETF 米国株式中国株式海外ETFアセアン株式
投資信託 投資信託外貨建MMF
楽天証券ラップサービス 楽天証券ラップサービス(楽ラップ)
債券 国内債券外国債券
先物・オプション 日経225先物/日経225ミニ日経225オプション商品先物海外先物取引
楽天FX 楽天FX
CFD CFD
バイナリーオプション バイナリーオプション(らくオプ)
外国為替 外国為替金・プラチナ
iDeCo(確定拠出年金) 国内株式国内債券国内REIT外国株式海外債券海外REIT国内外株式コモディティバランス型ターゲットイヤー型
NISA 一般NISAつみたてNISAジュニアNISA
クラウドファンディング クラウドファンディング(提携サービス)

取引ツール・アプリ

パソコン マーケットスピードマーケットスピードⅡマーケットスピード for MacマーケットスピードFX楽天MT4
スマートフォン iSPEEDiSPEED for iPadiSPEED FXiSPEED 先物OP

その他のツール・サービス

RRS(リアルタイム・スプレッドシート)マーケットアロー(国内外の市況レポート)経済指標アラート日経テレコンバロンズ・ダイジェストLongine 決算速報国内株式スーパースクリーナー投信スーパーサーチ

キャンペーン

・はじめての信用取引でもれなく200ポイントをプレゼント

・貸株デビューをした投資家の中から抽選で1,000名に500ポイントをプレゼント

(期間中にエントリー必須 : 2021年2月1日~3月31日)

・投信積立を楽天カードで決済すると、抽選で500名に1,000ポイントプレゼント

(期間中にエントリー必須 : 2021年2月3日~3月1日)

・楽天証券で月1回500円以上のポイント投資(投資信託)&楽天ポイントコース設定で、同月の楽天市場のお買い物がポイント+1倍

・NISA口座内での国内株式売買手数料0円・海外ETF買付手数料を全額キャッシュバック

・家族や友達紹介で最大400ポイント、最大現金3万円プレゼント

楽天証券公式サイトはこちら

今すぐ楽天証券で口座開設する

3位:松井証券 | 1日50万円以下の約定なら手数料無料

松井証券は「返済期限が1日」のデイトレ特化型信用取引サービスである「一日信用取引」を採用しているため、ディトレーダーから人気を集めています。資金効率をあげて1日に何度も取引したいという人におすすめのネット証券です。

おすすめポイント

  1. 松井証券の手数料は1日の約定合計のみで、1日50万円以下であれば無料
  2. 豊富な無料情報ツールが用意されており、じっくり取引を検討できる
  3. 現物、信用取引手数料が業界最安水準
  4. 一日信用取引では、手数料が0円であることに加えて、1回の約定金額が100万円以上であれば金利・貸株料も0円

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 約定金額ごとの手数料プランはありません
1日の約定合計額 0円 0円 1,100円 3,300円

取り扱い商品

国内株式 現物取引信用取引新規公開株式(IPO)、公募・売出株式(PO)立会外分売貸株サービス
投資信託 投資信託外貨建MMF
先物・オプション 先物取引一日先物取引オプション取引
FX FX
外国為替 外国為替金・プラチナ
iDeCo(確定拠出年金) 国内株式国内債券国内REIT外国株式海外債券海外REIT元本確保型コモディティバランス型ターゲットイヤー型
NISA 一般NISAつみたてNISAジュニアNISA

取引ツール

パソコン ネットストック・ハイスピード株価ボードQUICK情報QUICKリサーチネットテーマ投資ガイドチャートフォリオアクティビスト追跡ツールネットストックトレーダーネットストックトレーダー・プレミアムフル板情報(BRiSK for 松井証券)
スマートフォン 株touch投信アプリ
その他のツール・サービス 株価教えて! by 松井証券松井FP~将来シミュレーター~

キャンペーン

・新規口座開設後、期間中に合計6,000円以上投資信託をつみたてすると、最大10万名に現金1,000円プレゼント(2021年1月15日~2021年12月30日)

・期間中の新規口座開設で、松井証券ポイントを200ポイントを全員にプレゼント(2021年1月4日~2021年6月30日)

・専用URLより口座開設申込後、期間内に松井証券口座を新規開設した方、および紹介者に株式取引手数料をキャッシュバック(2021年1月4日~2021年6月18日)

・投資信託の保有額に応じて、毎月最大で0.7%を現金で還元

・貸株口座開設すると抽選で100名に2,000ポイントプレゼント(2020年12月9日~2021年2月26日)

松井証券公式サイトはこちら

今すぐ松井証券で口座開設する

4位:マネックス証券 | 米国株取り扱いナンバーワン

マネックス証券は、米国株取り扱いナンバーワンのネット証券です。米国株はもちろん、中国株を売買したい人、IPO投資にチャレンジしたい人、NISA口座の開設を考えている人などにおすすめです。

おすすめポイント

  1. 米国株と中国株の銘柄数が豊富
  2. 貯まったポイントがSuicaポイントやTポイント等人気のポイントサービスに交換できる
  3. NISA口座の場合、日本株の売買手数料が無料なのに加え、米国株と中国株の買付手数料がキャッシュバックされて実質無料

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 110円 495円 1,100円 3,300円
1日の約定合計額 550円 550円 550円 2,750円

取り扱い商品

国内株式 現物取引信用取引REIT(リート)国内ETF・ETN新規公開株式(IPO)、公募・売出株式(PO)立会外分売貸株サービスワン株
外国株式・海外ETF 米国株式中国株式海外ETF
投資信託 投資信託投信つみたて外貨建MMF
債券 国内債券外国債券
先物・オプション 日経225先物/日経225ミニJPX日経400先物日経225オプション日経225Weeklyオプション
FX FX PLUS(外国為替証拠金取引)
CFD マネックスビットコイン(暗号資産CFD)
金・プラチナ取引 マネックス・ゴールド
iDeCo(確定拠出年金) 国内株式国内債券国内REIT外国株式海外債券海外REIT国内外株式ひふみ年金バランス型ゴールド・ファンド
NISA 一般NISAつみたてNISAジュニアNISA
ロボアドバイザー ON COMPASS

取引ツール

パソコン マネックストレーダーMonexTraderFX銘柄スカウターマルチボード500フル板情報ツールチャートフォリオマーケットボードマーケットライダープレミアムマーケットライダーMONEX VISIONSNS型投資アプリ「ferci」ブラウザ版
スマートフォン 銘柄スカウターマーケットボードマネックストレーダー株式スマートフォンマネックストレーダー先物スマートフォントレードステーション米国株スマートフォンマネックストレーダーFXスマートフォンマネックス証券アプリMONEX VISIONMONEX TRADER CRYPTOスマートフォンSNS型投資アプリ「ferci」
タブレット 銘柄スカウターマーケットボードマネックストレーダー株式タブレット

キャンペーン

・おまかせ運用「ON COMPASS」デビューで、最大約1年間手数料の一部(お預り資産の0.4%(税抜))をキャッシュバック

・外国株取引口座において、初回入金日から起算して20日間の米国株取引手数料を、最大3万円キャッシュバック

・特定の米国ETFの買付手数料を全額キャッシュバック

・家族、友人1名紹介につき株式(現物)取引手数料を最大10,000円、5名で最大50,000円キャッシュバック

・信用取引口座開設後31日間の信用取引での株式売買手数料を全額(最大10万円まで)キャッシュバック

・手持ちの株を貸し出す「貸株サービス」で金利は5%(年率)超を多数お取り扱い

・東証に上場する5つのETFの現物取引手数料を全額キャッシュバック

マネックス証券公式サイトはこちら

今すぐマネックス証券で口座開設する

5位:LINE証券 | スマホユーザーに特化した次世代型ネット証券

2019年8月にサービスを開始したばかりのLINE証券は、スマホひとつで手軽に投資が可能。シンプルで使いやすい取引ツールの人気も高く、スマホユーザーに支持される次世代型のネット証券です。

おすすめポイント

  1. 現物取引の買付手数料がいつでも無料
  2. 信用取引は約定代金に関わらず、売買手数料はいつでも無料
  3. 投資信託28銘柄が最低金額1,000円から購入可能
  4. LINEポイントでの投資が可能

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 88円 198円 374円 660円
1日の約定合計額 1日の約定合計額の手数料プランはありません

取り扱い商品

国内株式 現物取引信用取引いちかぶ
投資信託 投資信託つみたて投資
FX LINE FX

取引ツール

スマートフォン LINE証券オリジナル(アプリのインストール不要)

キャンペーン

・LINE FX 口座開設&1取引だけで最大5,000円プレゼント

・口座開設して簡単なクイズ2問に答えるだけで最高3株分の購入代金がもらえるキャンペーン実施中

・株のタイムセールで 対象銘柄が最大7%OFFの割引価格に(不定期開催)

LINE証券公式サイトはこちら

今すぐLINE証券で口座開設する

6位:DMM.com証券(DMM株)| 米国株手数料無料

DMM株は、簡単スピーディーな口座開設で、最短1時間から取引を始められます。国内株式の取引手数料も最安値水準ですが、米国株はなんと手数料無料米国株投資を考えている人は持っておきたい証券口座のひとつです。

おすすめポイント

  1. 米国株は手数料無料
  2. 1約定ごとの取引金額が5万円以下であれば、手数料税込55円という格安価格のため、1日に何度も売買をしない「中長期」での取引に最適
  3. 取引ごとに取引手数料の1%が貯まり、貯まったポイントは1pt=1円として現金に交換可能

現物株式取引手数料(売りの手数料のみ・買いは無料・税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 99円 484円 869円 1,661円
1日の約定合計額 1日の約定合計額の手数料プランはありません

取り扱い商品

国内株式 現物取引国内ETF・ETN国内REIT信用取引
外国株式 米国株
NISA 一般NISAジュニアNISA

取引ツール

パソコン DMM株 PRO+DMM株 STANDARDDMM株 PRODMM株 プレミアチャート
スマートフォン DMM株

キャンペーン

・新規口座開設・登録完了で国内株式が1か月間無料

・新規口座開設者に抽選で10名に2,000円をキャッシュバック

DMM.com証券(DMM株)公式サイトはこちら

今すぐDMM.com証券(DMM株)で口座開設する

7位:岡三オンライン証券 | 投資信託の購入手数料無料

岡三オンライン証券は、総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できるのが強みです。プロ仕様の取引ツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」は、充実した機能と豊富なカスタマイズ性で、業界最高クラスと言われています。ネット証券価格の手数料と利便性の高い情報量で、初心者からプロトレーダーまで幅広く支持されています。

おすすめポイント

  1. NISA口座には、銘柄選びに役立つ投資情報やリーズナブルな手数料、厳選された投資信託などが用意されている
  2. 投資信託は購入手数料が無料
  3. 日経平均をTOPIXで割った倍率である「NT倍率」を先物で売買することができる
  4. 1日の約定金額が50万円以下であれば手数料が無料、さらに信用取引も1日の約定金額が50万円以下であれば無料となっており、手数料を抑えて株主優待を狙いたい人におすすめ

現物株式取引手数料(税込)

取引金額 10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
約定金額ごと 108円 385円 660円 1,650円
1日の約定合計額 0円 0円 0円 1,980円

取り扱い商品

国内株式 現物取引信用取引REIT(リート)国内ETF・ETN新規公開株式(IPO)、公募・売出株式(PO)単元未満株式
外国株式 中国株式
投資信託 投資信託投信積立
先物・オプション 日経225先物/日経225ミニTOPIX先物/ミニTOPIX先物JPX日経400先物東証マザーズ指数先物取引 他日経225オプションTOPIXオプション
FX 取引所FX(くりっく365)店頭FX(アクティブ365)
iDeCo(確定拠出年金) 国内株式外国株式海外債券定期預金年金賞品グローバルバランスグローバルバランスアクティブ
NISA 一般NISAジュニアNISA

取引ツール

パソコン 岡三ネットトレーダープレミアム岡三ネットトレーダーライト岡三RSS
スマートフォン 岡三ネットトレーダースマホ岡三カブスマホ
パソコン・スマホ・タブレット 岡三かんたん発注岡三ネットトレーダーWEB2

キャンペーン

・投資信託を積立で合計6万円以上かつ2回以上買付け、キャンペーン終了時点で投資信託の残高が5万円以上の投資家の中から抽選で100名に現金3,000円をプレゼント(2020年10月1日~2021年3月31日)

・お友達紹介プログラムでは、被紹介者が判定期間中に口座開設と5万円以上の入金で条件を満たした翌月に、もれなく現金3,000円を紹介者と被紹介者の双方にプレゼント

・証券取引口座の新規開設者を対象に国内株式取引手数料最大3か月全額キャッシュバック

・新規先物・オプション取引口座開設者を対象に先物・オプション取引手数料最大3か月全額キャッシュバック

・【取引所FX】「くりっく365」新規口座開設で最大50,000円キャッシュバック

・【取引所CFD】「くりっく株365」新規口座開設で最大50,000円キャッシュバック

岡三オンライン証券公式サイトはこちら

今すぐ岡三オンライン証券で口座開設する

初心者におすすめのネット証券

 

株式投資初心者がネット証券を選ぶ際は「手数料の安さ」「取引ツールの使いやすさ」「サービスの充実度」の3点がポイントです。

更に投資の目的や投資資金などを加えると、自分に合った証券会社を選ぶヒントになります。

ここでは、ネット投資初心者におすすめのネット証券3社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

楽天証券 | 楽天ポイントで株の購入が可能

楽天証券が初心者の投資家から選ばれる理由のひとつに、取引ツール「マーケットスピード」があります。プロのディトレーダーが利用する取引ツールが無料で提供されているため、欲しい情報をすぐに手に入れることができます。

そのほかにも、公式サイトにはネット証券初心者向けの勉強会やセミナーのお知らせがあり、誰でも無料で参加可能です。

1日100万円まで取引手数料が無料なことや、楽天ポイントで株が買えるなど、初心者が気軽に始められる環境が整っています。

今すぐ楽天証券で口座開設する

LINE証券 | LINEアプリから少額取引可能

「取引ツールが多くて使いこなせるか心配」「商品が多すぎてどれがいいのかわからない」このような投資初心者におすすめなのがLINE証券です。

他のネット証券のように、新たに専用ツールをインストールする必要はありません。いつものLINEアプリからのアクセスで、すぐに取引を始められます。取り扱い商品も必要最小限に絞っているため、自分に合ったものをすぐに見つけることができます。

また、LINE証券には、1株単位で購入できる3,000円以下の銘柄も多く、気軽に少額投資ができますLINEポイントが株式購入に使えるのも、初心者には嬉しいポイントです。

ボタン

松井証券 | 投資に役立つ情報を無料で提供

松井証券には1,183本(2019年12月時点)の取り扱い投資信託が用意されています。どれを選んでいいのかわからない投資初心者には、無料ロボアドバイザーが便利です。8つの質問に答えるだけでおすすめのポートフォリオを作成してくれるので、投資の参考になります。

また、他の証券会社と大きく違うのが取引手数料です。松井証券では約定ごとの手数料が設定されておらず、1日の約定合計が50万円以内であれば手数料は無料です。

ほとんどの証券会社では有料のQUICKリサーチネットや、リアルタイム株価も、松井証券では無料で提供されています。

国内・海外の市況ニュース、決算情報や株式ランキングなど、投資に役立つさまざまな情報を無料で利用することができます。

今すぐ松井証券で口座開設する

米国株の取引ができるおすすめのネット証券

 

日本国内の株と違い、優良企業で高配当の外国株に興味を持つ投資家は多いのではないでしょうか。外国株の中でも特に人気の高いのが米国株です。これから米国株投資を始めるなら、米国株投資がしやすい証券会社を選びましょう。ここでは米国株の取引ができるネット証券会社から、おすすめの3社をご紹介します。

DMM.com証券(DMM株)| 米国株の取引手数料が完全無料

ネット証券会社の中で米国株の取引手数料が完全無料なのは、DMM.com証券だけです。最低取引手数料が無料の会社は他にもありますが、各社とも最大取引手数料が設定されています(DMM.com証券はいくら取引しても無料)。

外国株投資がしやすい証券会社を選ぶポイントのひとつが取引手数料です。長期で投資を続けていくと、その分コストが掛かります。後々の資産に差が生まれるため、取引手数料はできるだけ抑えましょう。

今すぐDMM.com証券(DMM株)で口座開設する

マネックス証券 | 国内最大級の米国株取り扱い数

外国株投資がしやすい証券会社を選ぶもうひとつのポイントに、取り扱い銘柄数があります。マネックス証券の米国株取り扱い銘柄数は3,000銘柄以上で国内でも最大級であり、米国株投資に力を入れている会社だと言えるでしょう。また、源泉徴収ありの特定口座の開設にも対応しており、米国株投資に必要な損益計算や確定申告をはぶけるのもメリットです。

取引手数料も低水準のため、コストや手間をかけずに幅広い投資先の中から銘柄を選びたいという方におすすめです。

SBI証券 | 幅広い外国株式投資が可能

SBI証券では2019年7月から米国株式最低手数料を無料設定し、米国株式投資へのハードルを下げることに成功しました。そのため「これから米国株投資を始めたい」「少額で米国株投資を行いたい」という投資家が利用しやすい証券会社です。

また、SBI証券は外国株を幅広く取り扱っている点が強みです。米国以外にもロシアや中国、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアなど沢山の外国株を扱っています。

今すぐマネックス証券で口座開設する

投資信託におすすめのネット証券

 

投資信託は気軽に投資が始められることから、初心者にも人気があります。多くのネット証券では100円から始めることができ、運用はプロに任せることが可能です。銀行や店舗証券会社と違い、ネット証券では独自のサービスが発展し、長期の資産運用に向く低い運用コストの銘柄を揃えています。

そんな中からここでは投資信託におすすめのネット証券3社をご紹介します。

岡三オンライン証券 | 銘柄選びのサポートが充実

岡三オンライン証券では、レーティングの高い投資信託の銘柄が揃っています。 充実したランキング機能や運用方針に合ったファンドを提案してくれる投信ロボなど、銘柄選びのサポートも充実。毎月、話題になりそうな銘柄を紹介するピックアップ投信も好評です。

また、投資信託の保有残高に応じて、信用取引手数料が無料になったり、IPOの当選確率がアップするなど、総合力を活かしたサービスも提供しています。

今すぐ岡三オンライン証券で口座開設する

マネックス証券 | 最新の金融サービスが利用できる

マネックス証券の投資信託本数は1,130本(2020年8月現在)で、取り扱い銘柄数はネット証券トップ水準です。ロボアドバイザーを活用した「ON COMPASS」や「MONEX VISION β」など、最新の金融サービスを利用できます

また、投資信託を持っているだけで、Amazonギフト券などと交換可能な「マネックスポイント」が貯まるのも魅力的です。

今すぐマネックス証券で口座開設する

松井証券 | 投資信託の購入手数料無料

松井証券は、投資信託が100円から1円単位で購入可能です。少額から始めて、手応えを感じたら増額できるので、初心者でも気軽に始められます。投資信託の購入時手数料は全て無料な点も松井証券ならではの強みです。

銘柄の選定では、3種類のロボアドバイザーが用意されており、目的に応じた資産形成をサポートしてくれます。

今すぐ松井証券で口座開設する

証券会社とは?店舗証券とネット証券の違いは取引手数料

 

証券会社とは、株式を買ったり売ったりするときに取次をしてくれる会社のことです。

実際に利用する証券会社を選ぶ際に重視したいポイントは、こちらです。

・安い手数料か
・利用できるサービスは豊富か
・サイトやアプリは使いやすいか

引用元:WAVY COLUMN

株式投資を始める場合は、窓口となる証券会社に証券口座を作る必要があります。証券会社には、店舗を構えて対面で取引をする「店舗証券会社」と、店舗を持たないインターネット取引専業の「ネット証券会社」があります。それぞれ会社によってもサービスが異なりますが、一番大きな違いは取引手数料です。

店舗証券では、顧客ひとりひとりに担当者がつき、対面や電話で情報やアドバイスをもらえます。手厚いサポートが受けられますが、その分手数料は高くなります。なかには手数料とは別に口座管理料がかかる会社もあります。

一方、ネット証券には店舗や担当者がおらず、パソコンやスマートフォンを使って投資家自身が直接注文を出します。仲介者がいないため、取引にかかる手数料が安く抑えられるメリットがあります。

証券取引で利益を出すには、売買の度にかかる取引手数料をできるだけ抑える必要があるため、どの証券会社を選ぶかが大切になってきます。ネット証券を選択し、その中でも取引手数料を安く設定している会社をおすすめします。

まとめ:取引手数料を比較して自分に合ったネット証券を選ぼう

 

おすすめのネット証券7社をランキング形式でご紹介してきました。

ネット証券会社を選ぶ際に気を付けたいのが、取引手数料です。取引手数料はネット会社によってかなり差があるため、必ずチェックしましょう。

また、窓口や担当者がいないネット証券では、情報収集から注文まで全てを自分で行う必要があります。取引ツールの使いやすさや、自分の目で投資先を選ぶことも大切です。

この記事を参考に、各ネット証券の特徴やメリットを比較・検討したうえで、自分に合ったネット証券を選びましょう。

おすすめのネット証券会社ランキング

-ネット証券
-,

© 2021 金融マエストロ