資金調達

今すぐにお金が必要な場合には?緊急度別に調達方法を紹介!

 

人生の中では、どうしてもまとまったお金をすぐに用意しなければならないタイミングが訪れることがあります。もちろんお金のトラブルに巻き込まれないよう、常日頃から気をつけることが重要ですが、万が一お金が必要になった時に対応できるようにお金を確保する方法を知っておくことも大切です。

当記事ではお金をすぐに得るための方法を緊急度別に紹介します。現状お金の確保が急務な人の他、現状では必要のない人もライフハックとしてご覧ください。

お金がなくて困っている人は、キャッシングがおすすめ!
フタバは、インターネット申し込みで24時間受付しており、即日振り込みも可能です。過去に自己破産・債務整理等された方や、大手消費者金融やカードローンの審査に通らなかった方もお金を借りられる可能性があります。

フタバのキャッシング申込はコチラ

今すぐお金が欲しい時は消費者金融のカードローンで

どうしてもすぐにまとまったお金が欲しい時の手段として、最も安定しているのがカードローンです。お金を得る方法としては他にも不用品の売却や日雇いのバイトなどがありますが、それぞれ得られる金額が明確ではないことや、お金が入るまで時間がかかる場合があるなどの問題があります。

カードローンは審査さえ通ればまとまったお金を即日で借りることが可能です。ただし、基本的に高金利なので、返済が現実的に可能かをよく吟味し、生活に無理のない金額を借りることが重要になります。

特に消費者金融のカードローンは審査が早く、無利息期間が設けられていることが多いので、すぐにお金が欲しい人は検討する価値があると言えるでしょう。

消費者金融あれば、土日祝日対応や即日融資などのサービスを行っているので比較的すぐに借入れができます。無金利で利用できるケースもあるので、条件が合うならお得に借りられるでしょう。

引用元:【お金を借りたい人必見】今すぐお金を借りる方法13選|お金を借りるならどこ?(WAVY COLUMN)

最短60分で借りることが可能

消費者金融のカードローンの最大の特徴は、最短60分という審査の早さです。申し込めば1時間程度でローン用の口座が使えるようになり、お金を引き出せます。最近では申し込みがすべてスマートフォン上で完結できるようになっているため、思い立ったらすぐにお金を借りることが可能です。

カードローンは銀行でも提供していますが、銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低い代わりに、審査に時間がかかり、すぐにお金を借りることができません。

また、消費者金融では、借りたお金を一定期間内に返済すれば金利が発生しない無利息期間が設けられていることが多いですが、銀行のカードローンには無利息期間は基本的に存在せず、借りた日から金利が発生してしまいます。

よって、すぐに返済できる見通しが立っていて、かつすぐにお金が欲しい場合は、消費者金融のカードローンの方が有利です。

無審査で即日融資は違法なので注意

消費者金融を利用する際には審査があるかどうかを必ず確認する必要があります。というのも、正規の消費者金融で審査なしで融資が受けられるということは基本的にありえないからです。

無審査で融資を受けられる場合や、他の消費者金融よりも借り入れできる金額が異様に高い場合は、自治体に登録されていない違法業者である可能性が高いです。

基本的に金融業者は、出資法によって金利の上限が年20%までと決まっています。しかし、違法業者では20%以上の金利が設定されることが多く、短期で借金が膨れ上がってしまう可能性が高くなります。消費者金融を選ぶ際には甘い話に惑わされず、自治体に登録されているかどうかをよく確認しましょう。

登録業者の確認はこちらのページで可能です。

今すぐお金が必要な人におすすめの借りる以外の方法

お金を借りることに抵抗がある場合は、以下のような方法を検討しましょう。

不用品を売る

お金を即日で手に入れる方法としてまず挙げられるのが、不用品を売ることです。ブランド品やゲームソフト、アクセサリーなどを売却することで、ある程度まとまったお金を入手できます。

費用品を売る方法は以下の2つです。

  • リサイクルショップなどに持ち込む
  • フリマアプリやオークションサイトなどに出品する

1つ目の方法は、リサイクルショップなどの実店舗に持ち込むことです。不用品のサイズによっては車などで持ち込む必要があるので少々手間ですが、査定から買取までが即日で終了するので、すぐにお金を入手できます。

さらに、実店舗ではブランド品や貴金属などを安定して高値で売却することが可能です

フリマアプリやオークションサイトなどに出品することも、不用品を売却するため手段の1つです。フリマアプリやオークションサイトでは買取業者を通さないため、実際に実店舗で販売されている価格で売却できる可能性があります

また、カードやオーディオ、カメラなどの趣味性が高いものについては、生産終了などの影響でプレミアがついている可能性があるので、想像以上に売却額が膨れ上がることも多いです。ただし、フリマアプリやオークションサイトでは出品から実際に売却できるまでラグがあるため、すぐにお金を手にできません。

また、個人間のやり取りになるため取引中にトラブルが発生することもあるため、注意が必要です。

持ち物を質屋に入れる

持ち物を質屋に入れるのも、お金をすぐに入手する手段として有効です。質屋ではブランド品や楽器など価値が高い物品を担保としてお金を借りることができます。物品が担保になるので、金融機関から融資を受けるときのような審査が必要なく、まとまったお金がすぐに手に入るのが特徴です。

質屋に入れた物品は、期限までに借入金と利息を合わせた金額を返済できれば手元に戻ってきます。期限内の返済が叶わなかったとしても、物品が回収できなくなるだけで個人の信用にキズが付かないため、融資と比べるとリスクも少ないです。

ただし、金利は最大年利109.5%と異常に高いため、短期間での返済が望めないと質に入れた物品の回収が難しくなります。また、借り入れできる金額は質に入れた物品の価値に依存するので、ある程度以上の価値がある物品を所有していないとまとまったお金が手に入りません。注意しましょう。

即日払いのバイトをする

すぐにお金を用意する方法としては、即日払いのバイトをしてお金を稼ぐという方法もあります。ネット上でも日払いに対応しているバイトの情報を見つけることができるので、検索して応募してみましょう。

基本的に即日払いに対応しているバイトには、工場の整理や引越し、介護補助といった肉体労働が多く、ある程度の体力が要求されることが多いです。また、稼働分の給与しか貰えないので、1万円以上のまとまった金額を得ることは難しくなっています

今すぐお金が必要な人におすすめの方法【1ヶ月以内】

お金が必要になるまで1ヶ月の猶予がある場合は、お金を入手するための方法にも多少の幅が出てきます。主な方法は以下の通りです。

  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • 短期バイトをする
  • おこづかいアプリを利用する
  • ものづくりの副業をする

詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシングで稼ぐ

1ヶ月以内でお金を用意する方法としてまず挙げられるのが、クラウドソーシングで稼ぐことです。クラウドワークスやランサーズをはじめとしたクラウドソーシングサイトでは、案件単位で受注できる仕事が募集されています。

応募されている仕事は、映像編集やWebライティング、ロゴデザインなど、スキルが必要なものが多いです。しかし、中にはデータ入力をはじめとしたスキルがなくてもこなせる仕事もあります

特別なスキルのいらない仕事は単価こそ低いものの、数をこなせばまとまったお金を得ることも可能です。クラウドソーシングサイトは簡単に登録ができるので、まずは登録して、どのような仕事があるか確認してみると良いでしょう。

短期バイトをする

短期バイトに応募するのも、1ヶ月以内でお金を稼ぐ手段の1つです。近年は「タイミー」や「ジョブクイッカー」などの単発・短期のバイトに特化したアプリがある他、Uber Eatsの配達員のように採用面談などが必要ない仕事も増えてきています。

上記のようなアプリや仕事を利用して、スキマ時間にバイトを入れていけば、まとまったお金を手に入れることが可能です。

おこづかいアプリを利用する

おこづかいアプリとは、特定の操作を行うことで現金や商品券などに交換できるポイントを得ることができるアプリです。スキマ時間に内職感覚でお金を稼ぐことができるので、時間のない人でもお金を得ることができます。

おこづかいアプリで要求される主な操作は以下のようなものです。

  • 広告をクリックする
  • 無料のゲームを一定程度進める
  • アンケートの回答をする
  • クレジットカードを発行する

おこづかいアプリは短時間で場所を選ばずにお金を得られることがメリットですが、「おこづかい」という言葉を冠していることからも分かる通り、時間単価が低いという欠点があります。

また、怪しげなおこづかいアプリも存在するので、基本的には大手企業のおこづかいアプリを選んだ方が安心です。

ものづくりの副業をする

クリエイティブな趣味を持っている人は、趣味に関連したものを販売することで、収益を得られる可能性があります。音楽や絵画、手芸や絵本の執筆など芸術分野に関係するものは、フリマアプリや配信サイトなどで販売することが可能です。

商品が売れないと収入を得ることができないため確実性には欠けますが、試してみる価値はあるでしょう。

今すぐお金が必要な無職でも借りる方法

無職の人は基本的に金融機関からの融資を得ることができません。近年はクラウドソーシングや業務委託の仕事が増えてきたため、無職でもすぐに仕事を得ることができますが、病気などで働くことができない人もいるでしょう。

無職で働くことが困難になった人は、以下のような手段でお金を借りることが可能です。

  • 国や自治体の制度を利用する
  • 家族や友人に借りる

詳しく見ていきましょう。

国や自治体の制度を利用する

まず最初に挙げられる方法は国や自治体の制度を利用することです。市町村の社会福祉協議会に相談すれば、総合支援資金制度によってお金が借りられる可能性があります。ただし、社会復帰の可能性や受給条件を満たしているかなどの審査があるため、お金を借りられないことも少なくないです。

また、基本的に貸付給付まで時間がかかるため、すぐに融資を受けることができません。注意しましょう。

家族や友人に借りる

無職でもどうしてもお金が必要な場合は、家族や友人からお金を借りることも考えた方が良いでしょう。家族や知人からお金を借りる際には審査などが必要ないため、説得さえできればお金を借りることが可能です。

ただし、返済できなかった場合は人間関係が壊れてしまう可能性があるため、誠意を持って返済することが重要になります。

あとで深刻なトラブルになることを防ぐため、資金の使途や返済計画を明確にして、借用書や契約書を残しておきましょう

引用元:資金調達の3つの方法【スタートアップ起業家・個人事業主は必見!】

まとめ:確実にまとまったお金を得るならカードローン

今すぐお金が必要な人のために、お金を得る方法を紹介してきました。まとまったお金をすぐに得るためには、消費者金融のカードローンが有効です。カードローンの他にも、不用品の売却や短期バイトなどでお金を得ることができますが、必ずしもまとまった金額を確保できるわけではないので注意しましょう。

また、無職の場合はお金を借りる手段が大きく制限されてしまいます。お金が確保できなくて八方ふさがりにならないよう、お金に関する問題は職についているうちに対策するよう心がけましょう。

お金がなくて困っている人は、キャッシングがおすすめ!
フタバは、インターネット申し込みで24時間受付しており、即日振り込みも可能です。過去に自己破産・債務整理等された方や、大手消費者金融やカードローンの審査に通らなかった方もお金を借りられる可能性があります。

フタバのキャッシング申込はコチラ

 

-資金調達
-, ,

© 2021 金融マエストロ