資金調達

お金がない原因とは?お金がない時の解決策5選

 

「なぜかいつもお金がない」「お金がちっとも貯まらない」このように感じている人は多いのではないでしょうか。

実は「お金がない」には原因があったのです。

この記事ではお金がない人に共通する5つの原因と、お金がないときの解決策5選をご紹介します。「お金がない」状態から抜け出したい方は、ぜひ参考にしてください。

お金がなくて困っている人は、キャッシングがおすすめ!
フタバは、インターネット申し込みで24時間受付しており、即日振り込みも可能です。過去に自己破産・債務整理等された方や、大手消費者金融やカードローンの審査に通らなかった方もお金を借りられる可能性があります。

フタバのキャッシング申込はコチラ

お金がない人に共通する5つの原因

慢性的にお金がないと感じている人には、何かしらの共通点があります。

ここではお金がない人に共通する5つの原因について解説します。

お金の流れを把握していない

お金がない人に共通する原因の1つは、月にいくら入ってきて、いくら出ていくのかを把握していないことです。お金の流れを把握していないと、お金を管理することはできません。まずは何にどのくらいお金を使っているのかを書き出してみましょう。

お金の使い道を把握するのには家計簿が理想的ですが、毎日継続するのは大変です。おおまかな出費を把握するには、銀行通帳や通帳アプリを利用するとよいでしょう。

家賃や光熱費・通信費などの支払いは銀行口座の引き落としにしておくと便利です。

食費や日用品は、クレジットや電子マネーで支払いをすれば記録が残るので、アプリなどで確認する習慣をつけましょう。「普段、何にどれくらいお金を使っているのか」を知ることができれば「あとどのくらい使えるのか」「いくらぐらい貯蓄にまわせるのか」がわかり、お金の管理の第一歩となります。

買い物をするときの判断基準が曖昧で浪費が多い

お金がない人は、自分でも気が付かないうちに浪費をしていることが多いです。

浪費とは「必要のない無駄なお金」のことで、本来なら使わずに貯蓄にまわすことができるお金です。この「つい無駄遣いをしてしまう」人の共通点は、物を買う時の判断基準が曖昧なことです。

お金の使い方の基準がないため、その場の雰囲気に流されて無駄な買い物をしてしまうのです。

買い物をするときは「本当に必要なものか」「自分の人生を豊かにしてくれるものか」を考え、浪費を減らす努力をしましょう。

将来のことを考えず目先のことを優先してしまう

将来のことより目先のことを優先して行動してしまうことも、お金のない人の共通点です。

人間には、もともと「現在志向バイアス」が備わっています。

「現在志向バイアス」とは、未来の利益よりも目先の利益を優先してしまう心理のことです。将来のためにつらい努力をするよりも、目の前にある楽しいことや楽な生き方を本能的に選択してしまいます。

そのため、特に意識せずに生活していると、頭では将来のために貯蓄をするべきだとわかっていても、一時の感情でお金を使ってしまうのです。

この傾向が強い人は「目先の利益よりももっと先の未来を見据えて行動する」ことを強く意識して、有意義にお金を使いましょう。

お金のことを考える時間を作っていない

お金のことを考える時間を作っていない人は、ほかのことに比べてお金に対する優先順位が低くなってしまっています。

「お金がない…なんとかしなくちゃ」ではなく「お金がない…なんとかなるさ」と考え、結局行動を起こさないのもお金がない人の共通点です。

「忙しいから」「面倒だから」と後回しにするのではなく、積極的に時間を作って家計の見直しをしましょう。まずはお金に対する意識を変えるところからスタートです。

お金を貯める仕組みができていない

お金が貯められない人は、そもそもお金を貯める仕組みができていない人がほとんどです。貯蓄は漠然と始めても長くは続きません。ここではお金を貯める3つのコツをご紹介します。

・お金を貯める目的を決める

目的がないままではモチベーションも上がりません。まずはお金を貯める目的を明確にしましょう。期限を決めて具体的に書き出すことをおすすめします。

例「来年の夏休みに海外旅行へ行くため月○万円貯金する」

 「3年間で○万円貯めて住宅購入の頭金にする」

・先取り貯蓄で確実に貯める

毎月消費後に残ったお金を貯蓄するやり方では、いつまでにいくら貯められるのか計画が立ちません。お金を使いすぎて貯蓄分が残らない可能性もあるため、確実に貯めるためには「先取り貯蓄」がおすすめです。

毎月決まった日に銀行口座から自動で引き落とす設定にしておけば、はじめからなかったものとして生活費のやりくりができるでしょう。

・趣味や娯楽費の上限基準を設ける

趣味や娯楽にかけるお金は、上限の金額を設定しておき、使いすぎを防ぎましょう。服飾小物やコスメ、食べ歩きなど1つ1つは少額でも重なればかなりの額になってしまいます。

オンラインゲームや動画視聴の課金サービスも注意が必要です。1か月に使っていい金額の上限を決めておけば、趣味を楽しみながら貯蓄もできるでしょう。

お金がない不安から抜け出すための3つの方法

お金がない不安から抜け出すためには、正しい計画と行動が必要です。

ここではお金がないときに見直すべき3つのポイントをご紹介します。

月々の収支を見直してお金がない生活を変える

お金がないと思ったら、まず最初にやらなくてはいけないのが生活費の見直しです。入ってくる額が変わらないのなら、出ていく額をなるべく低く抑えましょう。1か月あたりの生活費がいくらかかっているのかを、項目ごとに書き出して、削れそうな部分をピックアップします。

生活費の項目例

  • 家賃(住宅ローン)
  • 光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 交際費
  • 交通費
  • 娯楽費
  • 保険

携帯電話のプランを見直したり、外食を控えたりするなど、ちょっと工夫するだけで生活費の削減は可能です。

固定費の中で節約できるものを探す

支出を削減するときは、固定費の中で節約できるものを探しましょう。固定費は金額の大きいものが多く、減らした金額が目に見えるため効果的です。ここでは「家賃」「通信費」「光熱費」の3つに注目します。

・家賃

固定費の中で、家計に占める割合が最も大きいのが家賃です。賃貸の場合は今と同じような条件でもっと安い物件がないかを常にチェックしておきます。ただし、引っ越しをする際には引っ越し代金以外にも新居の敷金・礼金などがかかるため、長期的に見て本当に得かどうかを見極める必要があります。

住宅ローンの場合は、金利によっては借り換えが有効です。

・通信費

携帯電話やインターネット回線などの通信費は、常に新しいプランが発表されています。「毎月利用しているデータ通信料が契約に合っていない」「格安SIMを活用する」など、見直すポイントはいくつかあります。利用状況に応じたプランを選択し、月額料金を下げられないか検討しましょう。

・光熱費

近年、電力とガスの小売りが自由化され、より料金の安い供給会社を選択できるようになりました。通信費とのパック料金や、特定のクレジットカードで割引があるなど、さまざまなサービスを利用できます。数社を比較して検討することをおすすめします。

上記以外でも、保険商品の月額費用車の維持費などの固定費を見直すことで、毎月の支出を抑えることができます。

副業で収入を増やす

お金がない不安から抜け出すためには、収入を増やすことも有効です。

削減できる生活費には限界がありますが、収入を増やせば生活を変えなくても貯蓄にまわす余裕が生まれます。

特に「節約しているのにお金がない」という人は、副業や転職も選択肢に入れることをおすすめします。副業を始める場合、本業にも活かせるものを選べば、本業の収入にもよい影響がある可能性があります。

ただし、副業にはいくつかの注意点があります。原則として本業で勤務している会社に許可が必要なことと、所得額によっては確定申告を行わなければならないことです。

また、今までは休養に充てていた時間に働くのですから、本業に支障をきたすことがないように体調管理には注意しましょう、

お金がない時の乗り切り方5選

お金がないときに自分や家族が急病になったり、冠婚葬祭の知らせが来たりして今すぐお金が必要な事態になることもあるでしょう。ここではそんなときの乗り切り方をご紹介します。ピンチのときに、ぜひ参考にしてください。

親や友人に相談する

親や兄弟など、頼れる親族がいる場合は借り入れの相談をしてみましょう。信頼関係にある友人や、職場の同僚にお願いするという方法もあります。

親族や友人であれば、無利子で借り入れができるメリットがあります。

ただし、お金の貸し借りは人間関係を悪化させるリスクもあります。借金を申し込むときは、必ず返済する日を決めて期日を守りましょう。

あとで深刻なトラブルになることを防ぐため、資金の使途や返済計画を明確にして、借用書や契約書を残しておきましょう

引用元:WAVY COLUMN

不用品を売る

家にある不用品を売ることでお金を手に入れることができます。フリーマーケットやリサイクルショップで売れば、不用品がその場で現金に変わります。少しでも高く売りたい場合は、ネットオークションやフリマアプリがおすすめです。出品や発送を自分で行う手間はありますが、効率よく販売することができます。ブランドもののバッグや貴金属類は、きちんと鑑定してくれる専門の買取ショップや、質屋に持ち込むとよいでしょう。

短期のバイトをする

ちょっとお金が足りないというときには、短期のバイトも有効です。1日だけ働ける単発のバイトも多くあり、インターネットやアプリなどで簡単に検索することができます。1日1万円程度の日給が相場です。中には日払い可能のものもあるので、空いた時間を利用して働いてみてはいかがでしょうか。

キャッシングを利用する

どうしてもすぐにお金が必要なときは、クレジットカードのキャッシング枠を確認しましょう。多くのクレジットカードには、現金を引き出せるキャッシング機能が付帯しています。

例えば、クレジットカードに30万円のキャッシング枠がある場合、ATMで30万円まで引き出すことができます。

キャッシングで引き出したお金は、次回のクレジットカード引き落とし日に返済する方法と、毎月少額ずつ返済する方法があります。

ただし、キャッシングは手軽に利用できる半面、カードローンと比べると金利が高く、大きな金額のお金を借りると返済に苦労するリスクもあるため注意が必要です。

カードローンを利用する

急に大きな額のお金が必要になったときには、カードローンを利用するのも選択肢のひとつでしょう。

カードローンは、金融機関や消費者金融が提供している個人向けの融資サービスです。融資の限度額を契約時に自分で指定でき、その枠内であれば何度でも借り入れができます。提携ATMで返済と借り入れが自由に行えるなど利便性は高いものの、借入金には金利による利息が発生するため、きちんと返済計画を立ててから申し込みましょう。

また、急ぎのときには「即日融資」が可能かどうかも、忘れずにチェックしてください。

「即日融資」は、その日のうちに審査から融資までを行うことです。「即日審査」は「その日のうちに審査までをします」という意味で、審査結果はすぐに出ても、その日中に融資が行われるとは限らないのです。

引用元:WAVY COLUMN

お金がない時に絶対やってはいけないこと

どんなにお金がなくて苦しくても、絶対にやってはいけないことがあります。それは「ギャンブル」「返済のための借金」「ヤミ金からの借り入れ」の3つです。

詳しく見ていきましょう。

ギャンブルで増やそうとする

借金を返すために、わずかな元手をギャンブルで増やそうとするのはやめましょう。ギャンブルで一攫千金を狙うのはあくまでも娯楽です。ギャンブルは、無くなってしまっても問題のない範囲のお金で楽しむことが基本です。返済のためのお金を作ろうとして、新たな借金を作る原因にもなりかねません。お金のないときこそ、ギャンブルには手を出さないようにしてください。

返すための多額の借金

返済日までにお金を用意できず、別の金融機関で借り入れて返済に充てることを「自転車操業」といいます。「借りたお金であっても借金を返したのだから大丈夫」と安心してはいけません。利息は増え続けていくからです。この自転車操業を続けていくと、いずれカードローンの限度額に達してしまい、それ以上の借金ができなくなる日が来ます。

「返すために借りればいい」という考えはとても危険なので注意しましょう。

ヤミ金からの借り入れ

ヤミ金とは、暴力団構成員などがかかわっている場合が多いといわれる金融機関です。一度借りると契約時よりも高い金利を要求されたり、暴力的な取り立てをされたりするなど、日常生活に支障をきたすような目にあう危険性があります。

「審査なし」「無職でもOK」といった条件をうたっていたら、ヤミ金と考えて間違いないので、絶対にお金を借りるのはやめましょう。

お金がない無職でも借り入れはできる?

現在無職の人でも借り入れはできるのでしょうか?

金融機関からお金を借りるための条件は「安定した収入があること」です。正社員ではなくても安定した収入があれば借りられる可能性はあります。

・専業主婦の場合

パート収入があればカードローンを利用できる可能性があります。完全に無職の場合は「配偶者貸付制度」を使うことで、条件付きで消費者金融などから借り入れができます。「配偶者貸付制度」とは、専業主婦(主夫)が自分と配偶者の合算年収の3分の1の金額まで借り入れをすることができる制度です。

ただし、配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があるため「夫にバレずにお金を借りたい」という主婦には向いていません。

・学生の場合

アルバイトによる収入があれば、カードローンや学生ローンを利用することができます。

また、働き始めるのはまだ先だけど就職は決まっているという場合には「内定者向けローン」を利用することも可能です。

ただし「内定者向けローン」は内定書必須などの条件や、利用できる地域が限定されている場合があるため、アルバイトでの収入がある場合にはカードローンの利用をおすすめします。

・高齢者(年金受給者)の場合

年金受給者がお金を借りる場合、年金による収入は雑所得に分類されるため、給料とはみなされずカードローンの申込条件に当てはまりません。年金しか収入源がない高齢者の場合は「年金担保貸付制度」を利用しましょう。

「年金担保貸付制度」は、年金を担保にしてお金を借りることができるものです。厚生労働省の管轄で行っている一時的に資金が必要な場合だけ利用できる公的融資制度で、生活必需品の購入の他、保健・医療・介護・福祉・住宅改修・冠婚葬祭などに適用されます。

ただし、返済が終わるまでの間は年金の受給額が減ってしまう点に注意が必要です。

・上記にあてはまらない場合

例えば病気や怪我で「働きたくても働けない人」や「働く意思のない人」が金融機関でお金を借りるのは困難です。このような場合は「生活困窮者自立支援制度」の利用を検討してみましょう。生活に困窮している場合は公的支援制度を利用し、自立に向けて一歩を踏み出すことが大切です。

また、求職者支援資金融資制度など、公的な支援制度も利用できます。

求職者支援資金制度とは、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の人を対象とした貸付け制度です。

引用元:WAVY COLUMN

まとめ:お金の問題にきちんと向き合って解決しよう

お金がない人に共通する原因と解決策、お金がないときの乗り切り方などを解説してきました。

お金がないと生活のめどが立たず、将来が不安になります。この状態から抜け出すために大切なのは、お金の問題にきちんと向き合い、解決することです。安易にお金を借りてしまう前に以下のステップを確認しましょう。

  • お金の流れを把握する
  • 節約して支出を減らす
  • 収入を増やす手段を考える
  • 親族や友人に借り入れを打診する

この4つを実行しても抜け出せなかったら、カードローンを検討しましょう。お金がない人ほど普段の生活を見直し、いつ大きな出費があってもいいように計画的な貯蓄をしていくことが大切です。

お金がなくて困っている人は、キャッシングがおすすめ!
フタバは、インターネット申し込みで24時間受付しており、即日振り込みも可能です。過去に自己破産・債務整理等された方や、大手消費者金融やカードローンの審査に通らなかった方もお金を借りられる可能性があります。

フタバのキャッシング申込はコチラ

-資金調達
-,

© 2021 金融マエストロ