生命保険料控除でいくら節税効果があるのか?

生命保険料控除でいくら節税効果があるのか?

いつも保険マエストロのブログをご覧いただきありがとうございます!

このブログでは、保険にまつわる情報を中心に発信しております。

少しでもご参考になれば幸いです。

今回は生命保険料控除にまつわる記事です。タイトルのとおり生命保険料控除額でいくらの節税効果があるのか?

さっそくですが、

ポイントは3つです。

ポイント① 控除枠は一般・医療介護・個人年金の3つ!

ポイント② 上限額が決まっている。

ポイント③ 個人の税額によって幅がある。

 

ズバリ!!いくらなのか?

控除の満額は所得税分が12万円(1枠4万円×3)、住民税分が7万円(1枠2.8万円だが合算の場合7万円)

そして!! 実際に戻ってくるお金は

所得税が12万円の5%~45%なので6,000円~54,000円、住民税はざっくり10%なので7,000円

所得税の還付金額については金額の幅が大きいですね。これは皆さんの課税所得によって変わってきます。

以下、一覧です。

 

たとえば、課税所得が500万円だった場合には税率は20%なります。

したがって、12万円 × 20% = 2.4万円

年間2.4万円が戻ってくることになります!

税効果的には上限以上はやる意味なし

節税効果がある上限は、前述した所得税分12万円、住民税分7万円が満額です。

この上限に達する保険料は所得税においては年間8万円 、住民税は年間5.6万円です。

「生命保険で税効果を得たい」と考えた際には、上限が決まっていますのでそれ以上の節税効果は得られません。

以下、一覧です。

☆所得税☆

 

☆住民税☆

手続き方法は勤務先での年末調整もしくは確定申告

毎年の保険料控除額は各保険会社がはがきで通知しています。

時期は毎年10月頃です。

そのはがきを参考に、会社員の方は会社から指定されたフォーマットに入力します。

個人事業主の方であれば、確定申告書類に計算し書き込みます。

計算ソフトは各保険会社が配信していますので参考にしてみてください。

「生目保険料控除 計算」と検索するとたくさん出てきます。

 

塵も積もれば山となります。
是非参考にしてみてください。