カードローン

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判をご紹介!金利や増額方法、審査落ちの原因とは?

 

銀行ならではのサポート体制が魅力の三井住友銀行のカードローン。三井住友銀行は国内でも大手の銀行なので、その信頼性からカードローンを検討する人も多いです。

しかし「金利はどのくらい?」「審査が厳しいのでは?」と疑問に思う点もあるでしょう。今回は三井住友銀行カードローンの金利や審査、借り入れまでの流れを詳しく解説します。

また審査に落ちてしまう原因や、返済に遅れた場合はどうなるのかなど、実際に利用する際の疑問も解決していくので、ぜひ参考にしてみてください。三井住友銀行のカードローンは借り入れや返済が便利など、うれしいメリットがたくさんあるので、利用方法を知って賢く利用しましょう。

三井住友銀行カードローンの公式HPへ

三井住友銀行カードローンとは

三井住友銀行カードローンとは、三大メガバンクの一つとも言われる三井住友銀行のカードローンです。では具体的にどんな特徴があるのか、知っておきたいポイントを三つご紹介します。

全国にある三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料が無料

三井住友銀行のカードローンは全国にある三井住友銀行をはじめ、提携しているコンビニでも利用できます。また手数料が無料なので、必要な時に借り入れができ、思い立った時にすぐ返済ができるのがメリットといえます。

三井住友銀行のカードローンを利用できるATMは、以下の通りです。

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • 提携金融機関ATM

手数料は何度利用しても無料で、時間外に利用しても手数料が加算されることはありません。

来店不要で申し込みができる

三井住友銀行のカードローンは店舗が近くにない場合でも、インターネット上で申し込みができます。また申し込みの際に担保や保証人が不要な点も、三井住友銀行カードローンの特徴です。

さらに必要書類はウェブ上で提出できるため、三井住友銀行の口座を持っていない方でも申し込みができます。口座を持っている方であれば、契約までの手続きがウェブ上で完結するので、一度も来店することなく契約が完了します。

よりスピーディーに契約まで進められるので、口座を持っていれば利用までのハードルが低くなるといえるでしょう。

返済は毎月2,000円からできる

三井住友銀行のカードローンは月々2,000円からと、少額ずつの返済も可能です。返済額は借り入れの金額によって上下しますが、10万円までであれば月2,000円ずつの返済ができます。

返済は返済日までにATMへ入金すれば完了となります。またインターネットバンキング、口座引き落としも可能です。

返済日までに決まった金額を入金すれば、あわせて追加返済もできるので、自分のペースで返済を進められます。

三井住友銀行カードローンの金利・利用限度額とは

三井住友銀行のカードローンの契約極度額(利用限度額)は10万~800万円です。10万円以上であれば1万円単位で借入金を増やせます。

マイカーローンや教育ローンのように使い道が指定されていないので、審査さえ通れば自分の希望するものにお金を使うことが可能です。金利は年4.0〜14.5%で、利用する金額によって変わります。

金額ごとの金利は、以下を参考にしてみてください。

契約極度額(利用限度額)金利
100万円以下年12.0~14.5%
100万円超200万円以下年10.0~12.0%
200万円超300万円以下年8.0~10.0%
300万円超400万円以下年7.0~8.0%
400万円超500万円以下年6.0~7.0%
500万円超600万円以下年5.0~6.0%
600万円超700万円以下年4.5~5.0%
700万円超800万円以下年4.0~4.5%

利用金額が増えるほど金利は安くなります。金利には幅があるので、上限の金利で計算しておくと返済に困らないでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査難易度は?

結論からいうと、三井住友銀行カードローンの審査難易度は高めです。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、以下になります。

  • 満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

特に注目してほしいのが、「安定した収入」という部分です。つまりパートやアルバイト、自営業の方は審査を通過するのが難しいといえます。

では、具体的に審査終了までの流れと、審査に落ちてしまう原因を見ていきましょう。

三井住友銀行カードローンの審査の流れや審査時間について

三井住友銀行カードローンの審査方法は以下の通りです。

  1. スマートフォンやパソコンから申し込む
  2. 本人確認書類の提出(運転免許証、個人番号カード、パスポート、顔写真付き住民基本台帳カードのいずれか)
  3. 審査
  4. 審査結果連絡(メールもしくは電話)
  5. ローン専用カードを受け取る(郵送)
  6. 利用開始

審査にかかる時間は最短で翌営業日です。口座を持っている人も申し込み方法は同じですが、審査が通ればお手持ちのキャッシュカードですぐに利用を開始できます。

またインターネット上で申し込む方法以外にも、ローン契約機(ACM)からの申し込みが可能。ローン契約機(ACM)のメリットは、ローン専用カードをその場で受け取れるため、カードの郵送を待たずに済みます。

三井住友銀行カードローンの審査落ちの要因と対策

三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまう場合、以下の要因が考えられます。

  • ブラックリストに載っている
  • 以前プロミス・smbcモビット・三井住友銀行で金融事故を起こしたことがある
  • 借入件数が2社以上ある
  • 他社の借入総額が年収の3分の1以上ある
  • 滞納している借金や携帯電話代がある
  • 年収が200万円以下である
  • 自営業をしている
  • 同時に複数のカードローンに申し込みをしている
  • 申し込み内容に虚偽があった

カードローンに申し込む際に注目してほしいのが、「保証会社はどこなのか」という点です。

三井住友銀行カードローンの保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス」です。SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスの運営会社なので、過去にプロミスとの取引があり、さらに取引履歴に傷があれば、三井住友銀行カードローンの審査には通らないでしょう。

対策できるとすれば、以下の方法が考えられます。

  • 正しい内容で申し込む
  • 確認書類をきちんと提出する
  • 携帯電話料金をはじめ、クレジットカードの支払いをきちんと行う
  • 複数のカードローンには申し込まない

信頼に傷がつかない振る舞いや行動をしていれば、年収などの問題がない限り、審査をクリアすることができます。

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンは、返済方法や返済日が選べるのが魅力。返済方法はATM、インターネットバンキング、口座振替の利用が可能です。

返済日は5日、15日、25日、月末から選べます。また、三井住友銀行カードローンはいつでも返済できるので、余裕があるときに追加返済も可能です。

では返済に遅れた場合はどうなるのか、一括返済の方法など、返済について詳しく見ていきましょう。

三井住友銀行カードローンの返済に遅れた場合はどうなる?

返済に遅れると、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 遅延損害金の発生
  • カードローンの利用停止
  • 信用情報に傷がつく

遅延損害金とは、返済が遅れたことによる賠償請求金のこと。三井住友銀行カードローンの遅延損害金は年利19.94%です。

例えば100万円を借り入れをしている状態で5日間の遅延が生じた場合、2,739円の遅延金が発生します。遅延損害金の詳しい計算方法は、以下を参考にしてください。

遅延損害金=延滞元金×遅延損害金利率÷365日(うるう年の場合は366日)×延滞日数

三井住友銀行カードローンの返済額について

三井住友銀行カードローンの返済額は借入金額によって決定します。金額ごとの返済額は、以下を参考にしてください。

借入残高返済金額
2,000円未満の場合約定返済時の利息金額と借入残高の合計額(ただし、2,000円を上限)
2,000円以上50万円以下10万円以下の場合は2,000円(以後、借入残高が10万円増すごとに2,000円増加)
50万円超300万円以下60万円以下の場合は11,000円(以後、借入残高が10万円増すごとに1,000円増加)
300万円超500万円以下350万円以下の場合は40,000円(以後、借入残高が50万円増すごとに5,000円増加)
500万円超800万円以下600万円以下の場合は60,000円(以後、借入残高が100万円増すごとに5,000円増加)

三井住友銀行カードローンでの一括返済について

三井住友銀行カードローンは臨時返済の他に一括返済も可能です。借入残高に金利をプラスした金額を以下の方法で口座に入金することで、一括返済が完了します。

  • ATMで入金
  • 振込(振込手数料は自己負担)
  • SMBCダイレクトのご利用口座からの振込・振替

一括返済は利息を抑えられるというメリットがあるので、お金に余裕ができた時や、借入残高が減ってきた時などは一括返済がおすすめです。

三井住友銀行カードローンの増額方法とは

カードローンの限度額を変更するには、申し込みが必要です。三井住友銀行カードローンの限度額は10万~800万円なので、上限の800万円を借り入れている人は増額できません。

しかし、800万円以下の借り入れであれば増額できる可能性があります。増額の申し込みは、以下のフリーダイヤルに問い合わせてみましょう。

【三井住友銀行カードローンプラザ】

フリーダイヤル 0120-923-923

受付時間 9:00~21:00(1月1日を除く)

三井住友銀行カードローンのログイン方法・アプリについて

三井住友銀行カードローンの契約内容、借入残高を照会するにはウェブサービスにログインする必要があります。

ログイン方法はとても簡単。店番号と口座番号を入力し、キャッシュカードの暗証番号を入力するだけです。

また三井住友銀行カードローンには、「カードローン」というスマートフォン向けアプリがあります。Android、iOSのどちらにも対応しており、ダウンロードすれば、アプリ上でカードローンの申し込みができます。

返済シミュレーションや近くの店舗、ATMの検索もできるので、ダウンロードしておいて損はないアプリでしょう。

スマホアプリのダウンロードはこちらから

三井住友銀行カードローンで借り入れできないときの対処法

三井住友銀行カードローンで借り入れができなくなった場合、利用停止の措置を取られている可能性があり、以下の要因が考えられます。

  • 返済が遅れている
  • 契約期間(5年)が過ぎている
  • 年収が減った
  • 他社借り入れ増などの問題が判明した
  • 年齢が上限(70歳)を超えた

また、まれですがATMが営業時間外だったというケースもあります。

上記のような理由で借り入れできない場合、次の方法を試してみましょう。

  • 返済が遅れている場合は速やかに返済する
  • 契約期間や年齢を確認する
  • ATMの営業時間を確認する

以上の方法を試しても借り入れできない場合、別のカードローンを検討してみるのも一つの方法です。

信用情報に傷がついていたり、他社での借り入れが膨らんでいたりしない限り、他のカードローンを利用できる可能性も十分にあります。

まとめ:三井住友銀行カードローンは審査が通れば非常に利用しやすい

三井住友銀行カードローンは審査こそ厳しいといわれているものの、コンビニでも借り入れできるため、利用しやすいカードローンといえます。また、返済方法や返済日が選べるので、自分のペースで返済していけるのが魅力です。

返済が滞ったり、他社での借り入れが膨らんだりすると利用を停止されてしまう可能性があります。しかし、きちんとルールを守っていれば三井住友銀行カードローンは便利で信頼性も高いので、おすすめできるカードローンです。

「カードローンに迷っている」「どのカードローンを選べばいいか分からない」という人は、ぜひ三井住友銀行カードローンを検討してみてください。

三井住友銀行カードローンの公式HPへ

-カードローン
-,

© 2021 金融マエストロ